ito.natsumi

夢をかなえるお片付け®ナビゲーター
伊藤夏美

ライフオーガナイザー®
認定ドリームマップ®講師

1971年生まれ
神奈川県横浜市在住
上智大学 外国語学部 フランス語学科卒業

損害保険会社、アパレルメーカーを経て、大手広告代理店で10年間プロデューサーとして勤めたのち、専業主婦に。

2014年1月にライフオーガナイザー®1級取得
同5月に認定ドリームマップ®講師資格を取得

お部屋をきれいに整えるだけでなく、暮らしを整え、夢をかなえ、なりたい自分になるためのお片付けをお伝えしています。

20150527_303

片付けられない!

2010年に39歳で出産。

40年近く自由な暮らしをしてきたのが一変。24時間年中無休、食事をとる時間も、ゆっくりお風呂に入る時間もなく、子供の要求に対応するだけの単調な毎日。子供はかわいい、でも「自分」がなくなることに辛さを感じていました。

同時に片付けられなくなり、家中がモノであふれだしました。
子供のモノが急に増えるけれどゆっくり片付ける時間がなく、収納にはモノが詰め込まれ、いつも探し物ばかり。

そのイライラを家族にぶつけている自分に気付き、片付けを始めました。

ライフオーガナイズとの出会い

「どんな暮らしがしたいのか」「どんな人生を歩みたいのか」ゴールを決める。
利き脳(脳のクセ)をみてその人にあった方法で収納する。
片付けをただモノを収めることだと思っていた私には衝撃でした。

実際にゴールを決めると、理想の暮らしを創るためにはどんなモノに囲まれていたいのかが明らかになり、手元に置いておきたい大切なモノを選び取りやすくなりました。

また、利き脳によって物事の認識のしかたや行動の傾向が違い、片付けやすい仕組みも異なると学び、実践。夫も私も使ったモノをすぐに戻せるようになり、家が散らかりにくくなりました。

自分で管理できるモノの量で、片付けやすい仕組みが整った家での毎日はストレスフリー。暮らしを愉しむ余裕ができ、心豊かになりました。

そして、片付いた家でどんな時間を過ごしたいのか、どんな気持ちでいたいのかも見えてきました。
モノだけでなく、目に見えない時間の使い方やお金の使い方、感情なども選び取れるようになり、暮らし全般が整っていったのです。

理想の暮らしのプロデューサー

私は10年間、広告代理店でプロデューサーとして働いていました。

家を片付け、暮らしを整えながら気づいたのは主婦の仕事はプロデューサーの仕事と同じということ。
家族が心地よく暮らせる環境を整え、スケジュールを管理し、予算(家計)を管理して理想の暮らしをプロデュースする。
ただ目の前のことをこなすのではなく、自分の意思で創りあげる作業なのだと気付きました。

前職での経験を活かし、理想の暮らしのプロデューサーとして、毎日忙しく時間に追われているママの暮らしを整えるお手伝いをしたいと思うようになりました。

ドリームマップ®との出会い

ライフオーガナイズで行うの思考の整理で理想の暮らしや自分の将来を描けない人が、自分も含めて多いことに気づきました。

思えば、毎日、子供を優先にして、自分の事は後回し。
いきなり「どんな人生を歩みたいですか?」と聞かれても、スラスラ書き出せるわけがなかったのですよね。

何かみんなで楽しく未来を描ける方法はないかと探していたときに出逢ったのが、写真を台紙に貼って夢を描くドリームマップ®でした。

実際に作ってみると、妻でも母でもなく、一人の女性として、どんな人生を歩みたいのか、自分を取戻し向き合う贅沢な時間。
久しぶりにワクワクした想いが溢れだしました。自分を満たしてあげられなければ周りの人も幸せにできないと気付いたのです。

ドリームマップ®を作った後は、描いた自分になるために今をどう生きるのか考えて行動する、充実した毎日が待っていました。

夢をかなえるお片付け®

ライフオーガナイズ®とドリームマップ®を学び、片付けと夢をかなえるステップが同じだと感じました。

家を片付け、自分にとって大切なモノ、コトを選び取りながらなりたい自分、未来を創りあげていく。

どんなライフステージにいても自分の人生をプロデュースできることを知って、女性に人生を楽しんでほしい、そして、楽しんでいる大人の姿を通して子供の夢を描けるようになって欲しい。そんな想いで事業を行っています。

メディア掲載・セミナー情報はこちらから

夢をかなえるお片付けのヒント メールマガジン

ゴチャゴチャ物だらけの部屋で家事・育児に追わていませんか?メールマガジン「夢をかなえるお片付けのヒント」では空間の整理、思考の整理、時間の使い方などについてお伝えしています。