不登校生活でも意識しておきたい、アドラー心理学幸福の3条件

無料メール講座配信中
【「誰でもできるお片づけのステップ」~その気持ちいい 状態をキープする方法~】

すっかり久しぶりの更新になりました。

気付けば桜が咲き、新学期ですね!

入学式も済み、明日から授業が始まるお子さんもいらっしゃるかも知れませんね。
みんな新しい環境にソワソワ、ドキドキ、ワクワク♪でしょうか。

夢をかなえるお片付け®ナビゲーター 伊藤夏美です

わが家の不登校児も気持ちが揺れに揺れ、荒れまくり(汗)、結局新学期も学校に行かないことに決めました。

春休み前には週1回の先生との面談も行けるようになっていたし、終了式もこっそり体育館の上からのぞいていたのですが、やっぱり行かない…
去年の担任の先生との最後の面談も、途中まで行って引き返しました。

というわけで、また当分学校に行かない生活が続きます。

 

前回の記事にも書きましたが、先ずは息子の幸せを第一に考えて過ごそうと思います。

私が意識しているのは「アドラー心理学幸福の3条件」

1.「自分が好き」

2.「他者を信頼できる」

3.「他者に貢献できる」

学校に行っても行かなくても、そのままのあなたで良いんだよ。あなたが決めたことは尊重するよ。

それを伝えることで学校に行かないことに引け目を感じず、自分にOKを出せる状態でいて欲しいと思います。

自分にOKが出せたら、他の人にもOKを出して(今は学校の色々なことが許せない状態のようですが)信頼できるようになって自分のタイミングで行くようになるかな…と思っています。

3の「他者貢献」はあまり人と接する機会がないとがなかなか感じられないと思ったので、家でアルバイトしてもらうことにしました。

ちょうど鉄道模型を借りて走らせる「レンタルレイアウト」にハマっているので、家の手伝いをして家族の役に立ちながら、レンタルレイアウト代を稼ぐという提案をしたら、喜んで家事をしてくれています(母さんも楽できて一石二鳥♪)

あとは学校のお勉強をどうするか…3年生の授業が始まってから考えようかと思いますが、せっかく平日に時間があるので、親子でテーマを決めて旅をするなど、学校の勉強だけでは得られない経験を積もうかと思っています。

 

先ずは親子で笑顔でいられるのがイチバンですものね。

 

新学期、色々とあるかも知れないけれど、親子で幸せを感じるために意識してみてくださいね。

 

アドラー心理学をベースにしたコーチングを体験してみませんか?
毎月ピットインカード体験会を開催中♪

6月には日本親子コーチング協会の認定コーチになれる、コーチコースも開催予定です。
気になる方はお問い合わせくださいね。

ゴチャゴチャ物だらけの部屋で家事・育児に追わていませんか?無料メール講座「誰でもできるお片付けのステップ」~その気持ちいい状態をキープする方法~をお送りします。片付けで生まれる「好きなことを愉しむ空間」と「あなたが満たされる時間」で理想の暮らしを送りましょう。